魚雷調整用横穴壕

魚雷調整用横穴壕 (ぎょらいちょうせいようよこあなごう)

宇佐海軍航空隊で使用した魚雷を調整し、格納していた横穴壕です。 崩落を防ぐために、入口部分にはコンクリートが巻かれておいます。内部には魚雷を運ぶためのレールが敷かれていたようです。